nine.ten coffee weblog

おうちカフェ「nine.ten coffee」のブログです。今のところ単なる趣味です。

焙煎とコーヒー豆の話

自宅でのコーヒー焙煎にまつわる話題と、購入したコーヒー豆のレビューなど。

SCAJ2019でもらった“ブラジル 手摘み完熟”を焼いてみた

「SCAJ 2019」に行ったとき「セラード珈琲」のブースでいただいた「ブラジル 手摘み完熟」をローストしてみた。やろうやろうと思っていて、ようやく。 この豆は、ブースの方に「深煎りにするとチョコレートフレーバーが強く出る豆」というリクエストで白羽の…

プレミックスをいろいろとテスト中

最近、生豆をあらかじめブレンドしてから焙煎する「プレミックス」をいろいろと試しているところ。 ずいぶん前、焙煎後の豆をブレンドするアフターミックスを試行錯誤しているとき、同じ比率でプレミックスを試してみたら飲めたモノじゃないシロモノになって…

ヘイズバレーエスプレッソ / ブルーボトルコーヒー

このあいだ所用で秋葉原へ行ったときに、久しぶりにブルーボトルで豆買ってみようかと思い立ち、「ブルーボトルコーヒー 神田万世橋店」へ。 この店、なんでもテイクアウト専門店らしく、“ちょっと豆でも”というニーズにもってこい。 秋葉原から万世橋を渡っ…

まるでアポロチョコ! グアテマラ オリエンテ ナチュラル

このエントリーをきっかけに、グアテマラのナチュラルに興味をもってしまった。 グアテマラなのにモカのような香り。あのワイニーというか、独特な発酵臭が個人的に大好きなので、興味を持つのも必然かな。ちなみに奥様は、あの香りがダメらしい。 で、前回…

スケマサブレンド / スケマサコーヒー

このエントリーで訪問したときに、一緒に買った「スケマサコーヒー」のブレンド。 「2年くらいかけて、どんな淹れ方をしても美味しいブレンドを目指してつくったんです(女将さん)」というほどに、お店のこだわりがつまったブレンドだ。 パッケージに「Sunn…

「シティロースト」という名のブレンド

「日本に数台しか現存しない業務用直火焙煎釜」「三代にわたる伝承技術」「自家焙煎40年の実力」なんてパワーワードを目にしたからには行かないわけにいかないよね……というわけで、真夏の浅草にコーヒー豆を買いに。 向かうは「ツルヤコーヒー」。先にも書い…

まるでモカの香り!? グアテマラ フルーツフィールド

グアテマラの豆って、場所によって全然味が違って面白いのだけれど、基本的にウォッシュドが中心。 そんななか、ナチュラルの豆があるとかで買ってみた。その名も「フルーツフィールド」。グアテマラのなかでもオリエンテという地区の豆のようで、調べてみた…

ブラジルの豆3種を焼き比べ&飲み比べ

先日、枯れた(1年くらい放置していた残った豆)ブラジル ハニーを焼いてラテにしてみたら、まぁ、たしかに少し枯れた風味こそしたものの、カカオ感たっぷり&コク豊かで意外にも美味しかったので、久しぶりにブラジルの豆を3種ほど比べてみた。 ひとつは、…

驚愕の甘み。インドネシア ガヨマウンテン

昨年のインドネシアの天候不順が影響してか、インドネシアの豆の流通量が少ない昨今。ニュークロップの「バリ神山ハニー」を心待ちにしながらも、“つなぎ”として前からちょっと気になっていた「ガヨマウンテン」を試してみることに。 なぜ気になっていたかと…

カティモールとの出会い、ベトナム エバーグリーン

アジアの豆を試してみたいなーと思っても、いざ探すと意外と流通していない。そのなかでも、比較的入手しやすかったベトナムのエバーグリーンをお試し。 500gほど買って、まず半分ほどロースト……するも、ちょっと焼きすぎてしまった。1ハゼ以降の進行が早く…

チョコレートブレンド / オブスキュラ

広島の「OBSCURA」で購入した「チョコレートブレンド」。 お店でサンプルの豆を見渡した限り、最も深煎り。それでも普段ぼくが焼いている豆よりはぜんぜん浅めで、個人的な基準でいうと、シティくらい。 いやもう、名前からしていいじゃない。チョコレートだ…

Brazil Daterra Espresso Yellow

たまにはブラジルの豆を……ということで、泣く子も黙るダテーラ農園の豆を買ってみた。その名も「Espresso Yellow」。 3種類の精製の豆をエスプレッソ向けにブレンドしたものと聞けば、それはもう試さずにはいられない。 ぼくが普段愛用しているブラジル「ア…

続・NO.8 BEAR PONDの豆

前に「Bear Pond Espresso」の豆は定期的に内容が変わる、ということを書いたけれど、久しぶりに渋谷の「No.8 BEAR POND」のお店に行ったので豆を買ってみた。 見てのとおり、「FlowerChild」ばりのシティロースト。味もそれに近い感じ。 ちなみに以前買った…

Costarica Jaguar Honey

豆の価格の一部が絶滅危惧種となっている「ジャガー」の保護(というか森林保護)に充てられているというコスタリカのジャガーハニーをお試し。前から気になっていたんだ、これ。 名前のとおりハニー精製だからか、まるでフォックスビーンズのように黄色い!…

BQE / Brooklyn Roasting Company

「Brooklyn Roasting Company」で購入したBQE。ブラジルとニカラグアのブレンドで店内で飲むラテなどは基本コレでつくられているみたい。 ローストレベルは、店でいちばん深煎りの豆から二番目らしいけれど、実際に見てみると、そこまで深くないかな。ぼくの…

コンゴ ミノヴァ

以前購入して大変気に入ったコンゴ キブ3。キブ3っていうのはSHBやらSHGみたいなグレード名みたいなので具体的に書いておくと「コンゴ ペイザンヌ キブ3」という豆ね。 コンゴがお気に入りの豆のひとつになり、そろそろまたリピートしたいな……と思ったら売り…

ミャンマー 星山

たまにはインドネシア以外のアジアの豆を……ということで買ってみたのがミャンマー星山。 品種はSL34。ケニアでよく栽培されている品種で、ほかの地域では珍しいみたい。ケニアも悪くはないのだけど、ぼくはあのアーシーな感じがそれほど好みじゃなかったりも…

ユニオン サンプルロースターでの焙煎方法 2018夏

昨年公開した焼き方から、ほんの少しだけ変わったところがあるので、2018夏版を公開。 2017年夏版のメソッドは、基本的にブラジルでカフェラテをつくったとき、ぼく好みの味するために試行錯誤した結果のものなので、豆が変わるとそのままではうまくいかない…

エクアドル グレートマウンテン

最近、あちこちの産地の豆をお試しするのがマイブーム。 というわけで、はじめてのエクアドル。地図で確認すると、ちょうどコロンビアのお隣だった。そうか、そういう位置関係なのね。 生豆は、案外小粒で、一見するとブラジルみたい。 いつものように2ハゼ…

ピーベリーとフラットビーンは味に違いはあるのか?

「希少なピーベリーだけを集めました!」的な広告を見ては、疑問に思っていたこと。それは「ピーベリーとフラットビーンは、味に決定的な違いがあるのか?」ということ。 日本人はとりわけ希少=美味しい、という暗示にかかりやすい(と思う)ので、上記のよ…

コスタリカ トレスエルマナス ナチュラル

日本語で「三姉妹農園」と名付けられたトレスエルマナス農園のナチュラルをお試し。小さなファミリー経営の農園で、文字どおり、三姉妹が収穫をお手伝いしているのだとか。 トレスエルマナスは生豆の香りに特徴があって、かすかに発酵臭が香る。よく言えばワ…

エチオピア コチャレ G1 ナチュラル

久しぶりにモカフレーバーが強い豆を飲んでみたいなぁ、と、買ってみたのがコチャレのナチュラル。 コチャレも、いわゆるイルガチェフェという括りの豆のひとつ。 イルガチェフェのG1とG2は、ウォッシュドだけれど前に買ったことがあって「ああー、たしかに…

コンゴ キブ3再び

以前買って好印象だったコンゴのキブ3を再び買ってみた。いざ買おうと思ったら軒並み品切れだったので、前回とは違うお店で1kg(ちょっと割高になったけれど)。こういうとき、流通量が少ない豆は困る〜。 今回買ったのはコンゴはコンゴでも「ペイザンヌ」と…

モンスーン マラバールAA

ある日、インドのモンスーンというコーヒー豆に興味が湧いた。もう、気になって気になって仕方がないくらい。関心を持ったのはロブスタのほうだけれど、ネットを検索するも入手が難しそうだったので、マラバールAAというアラビカ豆を買ってみた。 名前にもあ…

豆香洞ブレンド / 豆香洞コーヒー

“焙煎の世界チャンピオンの店”で全国的に有名な「豆香洞コーヒー」の豆をはじめて買ったのは今から3年ほど前。 当時から「ここは美味しいな」と思っていたけれど、ぼんやりと好みとは少しだけ違っていたのでリピートはしなかった。でも、久しぶりに飲んでみ…

久しぶりに、ごまいりで焙煎

中途半端に少量残っていたコロンビアのエスメラルダを、久しぶりにごまいりで焙煎してみた。 適当な火力でシャカシャカと振り続け、9分ほどで1ハゼに突入、13分ほどで煎り止め。時間的には、ちょっと早いけど、まぁ悪くない。 ただし、開けてみると、見事な…

インドネシア バリアラビカ神山

じつは「バリ神山ハニー」と間違えて注文してしまった豆……。しかも2kgも。 ハニーとの違いが勉強できるからいいか、と前向きにとらえてフルシティまで焼いてみたところ、ハニーとは味が全然違っていた。 ハニーよりも少しだけ苦味が強めだけれど、とてもクリ…

Flower Child / Bear Pond Espresso

奥様に買ってきてもらった「Bear Pond Espresso」の豆。このお店にはこの豆しかない。ブレンドの「Flower Child」。 一見、無造作に見えて、じつは計算され尽くされていると感じる紙パッケージ。ぼくはそこにスタンプされていた焙煎日に驚いた。なんと、購入…

ブラジルブレンドをつくりはじめた

カフェラテで使う豆の話。 シングルオリジンも面白いけれど、ぼくはカフェラテで飲むならブレンドで味をつくりたいので、自家焙煎をはじめてからはマイブレンドを形にすることをひとつの目標にしてきた。 で、できあがったのが最初のブレンド。名前はつけて…

パプアニューギニア シグリAA

略してPNG。PNGでも、どこの豆にしようかと悩んだところ、まずは有名どころのシグリを選択。 ちょっと深めのシティで焼いて、翌日ラテに。 最初の印象は「上品なインドネシア」。どこか特別際立っているわけではないものの、甘みもそこそこで香りも良く、後…