nine.ten coffee weblog

おうちカフェ「nine.ten coffee」のブログです。今のところ単なる趣味です。

焙煎とコーヒー豆の話

久しぶりに、ごまいりで焙煎

中途半端に少量残っていたコロンビアのエスメラルダを、久しぶりにごまいりで焙煎してみた。 適当な火力でシャカシャカと振り続け、9分ほどで1ハゼに突入、13分ほどで煎り止め。時間的には、ちょっと早いけど、まぁ悪くない。 ただし、開けてみると、見事な…

インドネシア バリアラビカ神山

じつは「バリ神山ハニー」と間違えて注文してしまった豆……。しかも2kgも。 ハニーとの違いが勉強できるからいいか、と前向きにとらえてフルシティまで焼いてみたところ、ハニーとは味が全然違っていた。 ハニーよりも少しだけ苦味が強めだけれど、とてもクリ…

Flower Child / Bear Pond Espresso

奥様に買ってきてもらった「Bear Pond Espresso」の豆。このお店にはこの豆しかない。ブレンドの「Flower Child」。 一見、無造作に見えて、じつは計算され尽くされていると感じる紙パッケージ。ぼくはそこにスタンプされていた焙煎日に驚いた。なんと、購入…

ブラジルブレンドをつくりはじめた

カフェラテで使う豆の話。 シングルオリジンも面白いけれど、ぼくはカフェラテで飲むならブレンドで味をつくりたいので、自家焙煎をはじめてからはマイブレンドを形にすることをひとつの目標にしてきた。 で、できあがったのが最初のブレンド。名前はつけて…

パプアニューギニア シグリAA

略してPNG。PNGでも、どこの豆にしようかと悩んだところ、まずは有名どころのシグリを選択。 ちょっと深めのシティで焼いて、翌日ラテに。 最初の印象は「上品なインドネシア」。どこか特別際立っているわけではないものの、甘みもそこそこで香りも良く、後…

焙煎、焙煎、また焙煎

天気が悪くどこにも出かける気にならないので、今日は昼から5バッチも焙煎してしまった……。 総量1kgちょっと。カフェラテ&ドリップ用途で2週間分。 いつもそうだけれど、手回しだとずっと立ちっぱなしだから何気に疲れる……(回すことは苦じゃない)。 そうい…

NICARAGUA BuenosAires Maracaturra Honey / 伊都岐珈琲(sarasvati)

広島は宮島の自家焙煎コーヒー店「伊都岐珈琲(sarasvati)」で買った「ニカラグア ブエノスアイレス マラカツーラ ハニー」。要するに、ニカラグアのブエノスアイレス農園のハニー精製のマラカツーラ。 正直、あまり馴染みがないニカラグア。オシャレ系のお…

2018年初焼き

正月を挟んで豆の消費ペースが狂ったので、とりあえず来週分だけ焼いておこうと、軽い気持ちで深夜に焙煎開始。 ブラジル アロマショコラ エチオピア シダモG2 グアテマラ アグアブランカ ホンジュラス サンタロサSHG の4つをローストしたものの、なぜかエチ…

インドネシア バリ神山ハニー

存在は知っていたものの、なぜか縁がなかったバリ神山ハニーをお試し。今までインドネシアはアラビカだとトラジャ・セレベスしか経験がなかったけれど、これが良い意味で全然違っていた。 例によってフルシティまで焼いて、翌日ラテに。 まずエスプレッソの粘…

COFFEE CUPPER / HOUSE BLEND

韓国は江陵(カンヌン)にある「COFFEE CUPPER」のハウスブレンド。 豆はかなり深煎りでフルシティ〜フレンチくらい。一昔前はこういうコーヒーが多かったなぁ……と思いながらカフェラテをつくってみた。 ローストが深めなので、まず苦味とコクがドンとくる。…

サンプルロースターでの焙煎失敗例とポイント

2年前くらいからユニオンのサンプルロースターで自家焙煎しているのだけど、焙煎は、やってみると意外と敷居こそ低いものの、ねらった味を出す、あるいは毎回同じ味を再現しようと思うと、途端に難しくなる。やればやるほど泥沼にハマる感じ。 だけれど、諦…

プレミックスを試してみた

ドリップコーヒーはシングルオリジンが好きだけれど、エスプレッソ系はやっぱりブレンドが好みなので、あれこれ試行錯誤している昨今。 で、今回のテーマはプレミックス。 ブレンドをつくるときの方法には、ふたつある。ひとつは生豆の状態でブレンドしたも…

CAT & CLOUD / THE ANSWER

サンタクルーズのコーヒーショップ「CAT & CLOUD」のハウスブレンド。その名も「THE ANSWER」。なにしろ名前がいいじゃない。 豆は少し浅めのシティで(ハイと言ってもいいかも)、よくある海外のサード系の豆よりは少し深め(?)。で、グラインドしたら甘…

BOHEMIAN ROASTERS / Espresso Blend

お店でカフェラテが味わえなかったため、家で淹れようと購入したEspresso Blend。 豆面は深すぎず、浅すぎずのシティロースト。油浮きもしていない、なんだか絶妙な色具合で、テカテカのフレンチローストじゃないところからしていい感じ。。 さらにエスプレ…

毎週焙煎から隔週焙煎へ。焙煎後2週間の豆でも耐えられるのか?

コーヒー豆は新鮮なものほど良いにきまっている、という信念のもと、ぼくはサンプルロースターで毎週末焙煎をしていた。鮮度という尺度でみたらベストだと思っている。ただ、同じ豆を一定量焼くだけなら別にいいのだけど、アフターミックスによるブレンドを…

コーヒー生豆、どこで買う?

コーヒーショップやカフェはたくさんあるけれど、コーヒーの生豆なんてどこで売っているの? と、普通の人は思うはず。生豆屋は、そんなにたくさんはないけれど、探せばけっこうある。 ぼくがよく買っているのは以下の3箇所。 ●早川コーヒー ストックしてい…

ルワンダ スカイヒル

最近、サード系のコーヒーショップに大抵置いてあり、かつ、オススメされるのが、ルワンダ。映画『a film about coffee』でもフォーカスされていたし、流行っているのかなと思いつつ、味も気になるので、ものは試しと少し買ってみた。 巷のコーヒーショップ…

ブラジル ルシアーナ

ブラジルの豆が好きだ。苦すぎず、変に酸っぱくもなく、甘くて、コクがあって、あと味スッキリ。だから、うちの主力豆は前にも書いた「アロマショコラ」なのだけれど、久しぶりに別のブラジルを買ってみた。その名も「ルシアーナ」。 農園主のJose.Carlos.Gr…

久しぶりにESPRESSO VIVACEの豆だ〜

ぼくがエスプレッソ(カフェラテ)にハマるきっかけになった豆、「ESPRESSO VIVACE」のVitaブレンドを十数年ぶりに入手。 焙煎日は7/14。諸事情あって手元に届いたのが8/8だから、焙煎日からけっこう時間が経ってしまっているのが残念だけれど(これはまぁ仕…

ユニオン サンプルロースターでの焙煎方法 2017夏

「面倒くさいなぁ。でももう豆がないから来週分の豆を焼かなきゃ……」という毎週土曜日。 というわけで、自家焙煎に手を出して2年。サンプルロースターを使い始めて1年半、ああでもない、こうでもないと試行錯誤を続け、ようやくコーヒーの焼き方がパターン化…

タンザニア ンゴロンゴロAA++

みんな大好きタンザニア、じゃないけれど、とにかく巷の評判が良いタンザニアのコーヒー。しかしながら、今までどういうわけか飲んだことがなかったので、お試しで買ってみた。ンゴロンゴロAA++。 200gしか買っていないので、ひとまず2ハゼピークあたりまで…

ワインセラーでコーヒー豆を保管する

焙煎済みのコーヒー豆をどうやって保管するか? という話。 せっかくの自家焙煎。最高の鮮度をいかにしてキープするかはぼくも頭を悩ませた。まず最初にやったのがセラーメイトの密封びんに入れて常温保管。 セラーメイトの密封びんはデザイン性と機能性に優…

Standartのオマケ「The Barn」の豆

Standart定期購読のオマケとして送られてきたのは、ドイツはベルリンのロースター「The Barn Coffee Roasters Berlin」の豆。ヨーロッパのロースターの豆を飲むのは何気に初めてなので、けっこう楽しみにしていた。 パッケージには「NYERI KENIA KAGUMOINI A…

パナマ ゲイシャまつり

ゲイシャのカスカラティーを飲んだとき「そのうちコーヒーも」と言っていたのを思い出して買ってみた。エスメラルダ農園、非オークションロットのゲイシャ。たった150gだけれど、これだけで2100円。オークションロットだともっと高値になるっていうんだから…

生豆用キャニスター

自家焙煎をしていると、ハンドピック後の生豆をどう保管するか、という悩みが出てくる。 あれこれ試して、今、落ち着いているのが写真のセリアのキャニスター。 アクリル製?なのかな。ガラスじゃないから割れる心配もないし、軽いし、密閉できるし、なによ…

グアテマラ アグアブランカ

グアテマラはあまりあれこれ飲み比べた経験がないものの、そのなかでもリピート率が高いのが、このアグアブランカ。うちの一軍豆のひとつ。 昨今の流行りはウェウェテナンゴ地区みたいだけれど、個人的には俗に言うフルーティーな酸にはそれほど執着がないの…

ホンジュラス SHG

最初にブレンド用途で購入してから、なんとなく惰性で買い続けている豆(笑)。 単品で飲むと、ラテでもドリップでも、中途半端な味。あっさりしていて、苦くもければ酸っぱくもない。だけれどコクもあまりないという……。 たまにあっさりとしたドリップが飲…

ニュークロップの焙煎

「ニュークロップは焙煎が難しい」ということはチラホラ聞いたことがあった。だけれど、どう難しいのか、なぜ難しいのか、までは知らなかった。でも、それがなんとなくわかった気がする。 アロマショコラの手持ちがなくなり、再注文して届いた豆がまさにその…

エチオピア シダモ G2

前にイルガチェフェG1、ハラー、レケンプティ、シダモG2のエチオピア豆の飲み比べをしたことがあって、いちばん好みだったのが、このシダモG2。このとき「高ければ美味しいってわけじゃないんだ」ということを悟る。 なんというか、ほかの豆に比べると力強い…

NO.8 BEAR PONDの豆

渋谷「NO.8 BEAR POND」で売られている豆は一種類。名前は、たしかNo8ブレンド? 的な名前だった気がする。要するにエスプレッソ系メニューで使われているブレンドだ。「BEAR POND」のハウスブレンドでもあるFlowerChildと方向性は同じだけれど、内容が微妙…