nine.ten coffee weblog

おうちカフェ「nine.ten coffee」のブログです。今のところ単なる趣味です。

VERVE COFEE STREET LEVEL

f:id:nineten_coffee:20161103142852j:plain

先日、VERVE COFFEE ROASTERSで購入した豆を試してみた。

 

用途はもちろんカフェラテ。だから、選ぶとしたらブレンド一択。シングルオリジンも、それはそれで良いのだけれど、むしろそのお店がどうブレンドを表現しているのかに興味がある。

 

VERVEのブレンドは、ふたつ。ひとつは、コロンビアベースのSTREET LEVEL。名前からして格好良い。もうひとつは、THE 1950というエチオピアベースのブレンド。店員さん曰く、ローストは双方とも同じくらいの深さとのこと。

当然、悩む。コロンビアとエチオピアで言ったら、間違いなく好みはエチオピアだ。でも、店内で飲んだラテで使っていたのはSTREET〜だし、事実上のハウスブレンドということで、STREETを選択。

 

名前も格好いいけれど、パッケージも格好いい。やけに凝ってる。

 

ロースト日は9月2日。底面を見ると、消費期限が10月1日。つまり、きっかり1ヶ月という設定だ。焙煎日と期限がしっかりと明記してあって、かつ、期間が短い。こういうところは国内のコーヒーショップでも見習ってほしいな。ちなみに当然ながら国内でローストはしておらず、サンタクルーズから空輸しているのだそうだ。

 

パッケージを開けてみると、ローストの深さは、案の定、浅め。

 

普段よりも浅煎りで豆が硬いためか、メッシュをなかなか合わせられず、数ショットはほぼ無駄になってしまったけれど(もったいないから飲んだけど)、なんとかお店で飲んだラテの味は再現できた。甘味と酸味がうまく調和した、あの感じ。

 

普段はフルシティくらいの豆を使った、コックリ&どっしり系ばかりだけれど、たまにはこういうのも楽しくて良いね。

VERVE COFFEE ROASTERS

f:id:nineten_coffee:20161103143038j:plain