nine.ten coffee weblog

おうちカフェ「nine.ten coffee」のブログです。今のところ単なる趣味です。

Fly Skyline 400ml ミルクピッチャーを試してみた

f:id:nineten_coffee:20180321203726j:plain

ある日、Amazonで「Fly Skyline」というブランドのミルクピッチャーをみつけた。

 

普段ならスルーするところだけど、目にとまった理由は、400mlという絶妙と思われるサイズ(12oz、360mlだと小さく感じることが多い)、エッチング用と思われるピックが付属していること、そして極めつけが1380円というプライス。

 

というわけで買ってみたので使用感などを簡単に。

 

まず、大きさが絶妙。これは予想どおり。

 

高さは12ozのRW(ラトルウェア)とほぼ同じ。どこで容量を稼いでいるかというと、ピッチャーの径。ぼくが前に愛用していたFBCのハンドルフリーピッチャーのように、径が大きめに設計されている。

 

ピッチャーの径が大きいと、スチーミングをしたときにミルクがピッチャーのなかで暴れにくくなるから好き。ミルクの回転もゆっくりになるので扱いやすく、スチーミングの失敗も少なくなる。RWもそろそろ設計を見直せばいいのになぁ。上がすぼまっているピッチャーって、ミルクが硬くなりやすいし良いことないもの。

 

ピッチャー内側のメモリも見やすく、これまた使いやすい。地味だけれど、これがあるのとないのでは使用感が全然違う。

 

で、付属していたピック、ぼくはバスケット内のコーヒーかき混ぜに使えないかなーと思っていたけれど、細すぎてダメだった。やっぱりエッチング用途なんだろうね。

 

総合すると、RWを買うくらいなら断然こっち(個人的には)。

 

ラテ1杯で200ml程度のミルクを使って、それをスチーミングすると、最終的には300ml弱くらいまで体積が増えるから、このくらいの容量があれば余裕をもってスチーミングできる。

 

あと、魅力なのはなんといってもその安さ。1000円ちょっとだもの。中国製なのは間違いないけれど品質には全く問題ないから、ピッチャー選びで迷っている人には良い選択肢かもしれない。

 

f:id:nineten_coffee:20180321204747j:plain

↑ピッチャー内側にはメモリが刻んである。これが地味に使いやすい。

f:id:nineten_coffee:20180321204926j:plain

↑RW(右)との比較。径を大きくすることで400mlのサイズを実現している。

f:id:nineten_coffee:20180321204956j:plain

↑くちばしの比較。シンプルなRW(右)と比べると、そり返しもあり、なかなか複雑な形状。FBCのそれにも似てるかな。ちなみに底はフラット。