nine.ten coffee weblog

おうちカフェ「nine.ten coffee」のブログです。今のところ単なる趣味です。

エチオピア コチャレ G1 ナチュラル

f:id:nineten_coffee:20180602014728j:plain

久しぶりにモカフレーバーが強い豆を飲んでみたいなぁ、と、買ってみたのがコチャレのナチュラル。

 

コチャレも、いわゆるイルガチェフェという括りの豆のひとつ。

 

イルガチェフェのG1とG2は、ウォッシュドだけれど前に買ったことがあって「ああー、たしかに紅茶っぽいなぁ。でも好みじゃないんだよなー」という感想で、それ以来、イルガチェフェと名のつく豆はなんとなく避けてきた。

 

だけれど、イルガチェフェシリーズがあれこれたくさんある昨今、ナチュラル精製に惹かれてコチャレをお試しで買ってみたけれど、これが個人的に大当たり。

 

生豆の状態からしてイルガチェフェ(ウォッシュド)とは違っていて、まるでバナナのような香りが(生豆が良い香りだと、だいたいコーヒーにすると際立つ美味しさがある気がする)。

 

で、いつものシダモG2の感覚で焼いてみたら、だいぶ焼きすぎてしまい、フルシティねらいがフレンチになってしまった……。ナチュラルだからか、シダモよりハゼるのが早い。

 

でも豆から漂う香りは、まさしくモカフレーバー!

 

これですよ、これ。こんなに焼いても、ここまで芳醇に香るのか、と驚いたくらい。

 

肝心の味はというと、案の定、フレンチになったことを反省したものの、モカフレーバーたっぷりのワイニーなラテ&コーヒーになって、大満足。まるでラズベリーチョコレートのような味。

 

ただ、このモカフレーバー、困ったことに奥様が苦手としているので、今後コチャレを買い続けるかどうか思案中……。次買ったら、もう少しロースト控えめにしてみようかな。