nine.ten coffee weblog

おうちカフェ「nine.ten coffee」のブログです。今のところ単なる趣味です。

Brooklyn Roasting Company / 晴海

f:id:nineten_coffee:20180703160704j:plain

 かつてよく行った晴海のトリトンスクエアに、いつのまにかできていた「Brooklyn Roasting Company(ブルックリン ロースティング カンパニー)」。

 

もともとは2010年創業のN.Yのコーヒーショップで、この原稿を書いている時点ではN.Yのほかに大阪を中心に日本に3店舗あり、そのうちのひとつが、この晴海のお店。

 

そこそこ朝早く行ったためか、お店と併設されている「PLAZA」は開店前だし、ほかのお店から取り寄せているというベーグルもまだ未着だしで、朝食がてら行ったぼくとしては若干の肩すかしだったものの、お客さんもまばらで、とてもくつろげた。

 

注文したのは、もちろんカフェラテで、ラテで使っているのは「BQE」というオリジナルのブレンドの模様。

 

BQEは、ブラジルとニカラグアのブレンド。飲み慣れているブラジルが入ってるからか、舌が落ち着く感じで美味しい。ローストはそこまで深くない印象だけれど、コクと甘みが豊かで、ナッツっぽさがあってとてもイイ感じ。バランスがいい。

 

せっかくだから、と、帰り際に豆を物色。陳列棚がカラフルでかわいい。

 

店員さんの話では、缶に入っているモノがN.Yでローストしたもので、紙袋のほうは大阪でローストしたものだそう。

 

「なので、鮮度はこっち(袋)ですね」と店員さん。そりゃそうだよね。見ると、結構な開きがあった(ちなみにこの時点で国内焙煎のほうで、焙煎から10日くらい経過)。

 

で、ズラりと並んでいる豆は、右が浅煎り、左へ行くほど深煎りになっていくのだそう。ラテで使っていたBQEは、お店のなかでも2番目に深煎りの豆ってことか。

 

というわけで国内焙煎のBQEをお買い上げ。

 

それにしても担当してくれた店員さんが、とにかく気さくで「福岡から来た」と聞くと、「こういうのは気持ちですから!」と、スタンプカードに押すスタンプを大サービス! ありがたや。

 

ピーベリーとフラットビーンは味に違いはあるのか?

f:id:nineten_coffee:20180804135921j:plain

「希少なピーベリーだけを集めました!」的な広告を見ては、疑問に思っていたこと。それは「ピーベリーとフラットビーンは、味に決定的な違いがあるのか?」ということ。

 

日本人はとりわけ希少=美味しい、という暗示にかかりやすい(と思う)ので、上記のような広告が効果的なのは頷ける。でも実際はどうなの? と。

 

というわけで、実験してみた。

 

同じブラジル、アロマショコラのピーベリーとフラットビーンを同じ深さにローストして、味の違いを検証。

 

カフェラテとドリップ、それぞれを飲み比べてみたところ……「違うといえば違う、でも、同じといえば同じ」という、じつに白黒ハッキリしない結論に(笑)。

 

ブラジルという大枠は同じ。つまり、当たり前だけれど味の系統は全く同じであり、この時点でピーベリーだから美味しいということはない、とハッキリ言える。でも、フラットビーンと全く同じ味かといえば、微妙に違う。

 

豆の形が違って、本来はふたつになるはずの豆がひとつのままになっている、ということは、そもそも成分のバランスも違うだろうし、火の入り方も違うだろう(実際、温度の上がり方が違った)。

 

なので、その“微妙な違い”は、そのあたりからきているのではないかと。

 

当然、どちらのほうが美味しい、という優劣もなく、どちらも美味しかったし、どちらもブラジルだった。

 

もうちょっと違っていたら面白かったのになー。

トリバコーヒー / 銀座

f:id:nineten_coffee:20180716211535j:plain

銀座の一等地にある「トリバコーヒー」。

 

ここのおもしろいところは、100円の立ち飲みでドリップが飲めるところ。本来は建物3Fでローストしたコーヒー豆の販売がメインらしく、店内でいただけるコーヒーは、あくまで“試飲”という位置づけ。

 

豆は日替わりのようで、この日は4種ブレンドのあっさり系か、マンデリンベースのどっしり系ブレンドの2種で、マンデリンがあまり好きではないぼくは、前者を選択。

 

コーヒーは先にも書いたように100円だけれど、税込みで価格ってところが素晴らしい。ただし、1杯ずつドリップしてくれるわけではなく、ポットに入っていたコーヒーを注いでくれた。まぁ、安いのだから仕方ないか。

 

味は、ほんとにアッサリ。安い豆を使うと出やすい雑味の類もなく、とても上質なコーヒーだった。

 

そしてこの店、個人的に興味深かったのが物販というかコーヒー器具コーナー。

 

本当に多種多様なアイテムが売られているなかで、目を引いたのが鍛金でつくれらたミルクピッチャー。雪平なべのようなピッチャーといえばわかりやすいかな。真鍮、アルミ、銅、それぞれの素材でつくられていて、アルミを手に取ってみたけれど、とっても軽い。ステンレスに比べると厚みがあるので、それが使い勝手にどう影響するか。こればかりは使ってみないことにはなんとも、だけれど、「なんかいいかも」と思った一品。ちょっとお高いけどね。

 

このピッチャー、なんでも京都有次の職人さんが独立されて立ち上げた「westside33」というブランドで展開しているそうで、同ブランドのほかのアイテムもたくさん陳列されていた。

 

というわけで、レアなコーヒーアイテムを眺めながら100円で美味しいコーヒーが楽しめる、とても良いお店でした。機会があったら焙煎室も見学したいなぁ。

 

インスタはじめました

今さらながら、Instagramはじめてみました。

 

コーヒーに関連することから無関係なことまで、ブログよりも短い間隔であれこれ載せていきます。

 

PC版はサイドバーに、モバイル版はページの下のほうにサムネイルも表示してみました。

 

どうぞ、よろしう。

www.instagram.com

ベアポンドエスプレッソふたたび

f:id:nineten_coffee:20180703161240j:plain

先日、うちの奥様がソロで訪問した「ベアポンド」に、ようやく行くことができた。なにしろ、下北に縁がないんだもの。

 

伺ったのは土曜のお昼どきだけれど、到着早々、その混み具合に驚く。

 

ぼくの前に先客が6名ほど。あのタイトな店内に5名、表のベンチに1名。すごいなぁ。こんな店見たことないよ。

 

しかも半数が外国人。場所柄もあるだろうけど、やっぱり有名なんだね、ココ。

 

注文したのは、もちろん、ジブラルタル。

 

意外なほどあっさりなのに、甘みとコクたっぷり。チョコレートフレーバーは相変わらずしないけれど、ココアのような後味が心地よい。あと、驚くほど温度が低い。50度とか、そのくらい? 「なるほどなぁー」と、あれこれ思いを馳せながら、ゆっくり楽しんだ。

 

お店がとにかく混んでいたので(ひっきりなしにお客さんが来る)話し込むことはできなかったけれど、豆の「FlowerChild」をお願いしたときに、ちょっとだけお話したところによると、前にぼくが予想していた「ベアポンドのブレンドは時期によって内容(味)が変わる」という説は、正しいということが判明。やっぱりそうか〜。

 

深くは突っ込まなかったけれど、一定にしないというのがポリシーなんだとか。良いと思います。

 

今回お店で飲んだジブラルタルの味=FlowerChildの味は、前に買ってきてもらったFlowerChildと同じ味だったけれど、そのうちまた変わるのかな。それはそれで楽しみ。

www.ninetencoffee.com

UNLIMITED COFFEE BAR TOKYO / 業平橋

f:id:nineten_coffee:20180703155456j:plain

多くのコーヒーショップが夕方くらいまでの営業のなか、夜遅くまでやっているという「アンリミテッドコーヒーバー」へ。

 

場所はスカイツリーの麓。昔、たこ焼き屋があった場所に、きれいなお店ができていた(笑)。このへん、ホント変わったなぁ。

 

そこそこ夜遅めだったので、お店の雰囲気は完全にBarのそれ。

 

店内には何人かのお客さんがいて、店内奥ではお酒を、手前ではコーヒーを楽しんでいるように見えた。

 

もちろん注文したのはカフェラテ。サイズもいくつかあって、ぼくは少なめの5ozを選択。このサイズってなかなかないと思う。

 

豆もコロンビアとエチオピアが選べて、後者をチョイス。エチオピアのアリーチャ。一応ブレンドもあるのかと訪ねてみたところ、シングルオリジンのみの展開だそう。

 

席について待っていたら、エスプレッソを淹れたカップとピッチャーを手に店員さんがやってきて、目の前でフリーポアの実演をしてくれた。最近、たまにあるけれど、こういうサービス、お客さんにとっては嬉しいよね。

 

色を見て「けっこう浅煎りなんですね」と言うと、「はい、浅煎りなんですけど、浅すぎない程度で。フレーバーもしっかり出ていると思います」と店員さん。

 

飲んでみると、レモングラスのような酸味のあとに心地よいコクとミルクの甘み。たしかに酸味寄りのラテなんだけれど、それが嫌な感じではなくて、とてもバランスがいい。5ozだからかもしれないけど、コクも十分。

 

正直、クオリティ的には期待以上で、東京でもいろいろなお店ができているけれど、ココはなかでも頭ひとつ抜けている気がした。

 

生豆の質、焙煎、抽出、すべてちゃんとしてるってことだろうなぁ。

 

シングルオリジンのみだったから豆は買わなかったけれど、ブレンドがあったら絶対買ってたと思う。こういうお店こそ至極のブレンドをつくってほしいところ。

コスタリカ トレスエルマナス ナチュラル

f:id:nineten_coffee:20180703154630j:plain

日本語で「三姉妹農園」と名付けられたトレスエルマナス農園のナチュラルをお試し。小さなファミリー経営の農園で、文字どおり、三姉妹が収穫をお手伝いしているのだとか。

 

トレスエルマナスは生豆の香りに特徴があって、かすかに発酵臭が香る。よく言えばワインのような風味。

 

試しにシティとフルシティの間くらいまで焼いてみたところ、ラテの味は「上質で美味しいんだけど、良くも悪くもニュートラルで、あまり際立った特徴がないなー」という、前にコスタリカの豆で感じた感想そのものだった……。うーん。

 

生豆で感じたワイニーな香りも、ローストすると一気になりをひそめてしまった。アフターテイストにほんのり感じるくらい。2ハゼまで引っ張ったからかな。

 

もちろんドリップでも飲んでみたけれど、どことなく女性的で上品な味で美味しい。とくに雑味が一切なくクリアーなところは、生豆の品質の高さの証かな。これ好きな人、多いと思うなぁ。