nine.ten coffee weblog

おうちカフェ「nine.ten coffee」のブログです。今のところ単なる趣味です。

ついに完成! 自家製バレルエイジドコーヒー

我が家のバレルエイジドコーヒープロジェクトも、いよいよ大詰め。 というのも、4月に仕込んだバレルエイジドコーヒーを、ついに焼く。いよいよ焼く。樽にお酒を染みこませること4ヶ月、そこから生豆を入れて熟成させること3ヶ月、約7ヶ月の時を経て、ようや…

困っていたPS5のブラックアウト(暗転)問題が解決した話

ここ最近は、今さらながら『レッド・デッド・リデンプション2』に大ハマり。 あとは寝るだけ、という夜のひととき、アイスコーヒーをたっぷりと淹れて、ちびちびと飲みながら1899年のアメリカを大冒険している。 このゲーム、じつは3年前の発売日に買ったも…

「バジルまつり 2021」開催

春にスタートした「ベランダガーデニング2021」その後の話。 梅雨があけて猛暑が続いているけれど、植物たちは成長期ということもあって、ものすごい勢いで育っている。 ここ2ヶ月の様子は、ざっくりこんな感じ。 スイートバジル:ぐんぐん育つ。イタリアン…

エスプレッソマシン、たまにやるメンテの話

E61グループヘッドのエスプレッソマシンを使っていると、一定期間ごとにやるハメになるメンテナンスがある。今回たまたまそれをやったので記事化してみた。 そのメンテというのは、バキュームブレーカーの掃除とレバーまわりのグリスアップ(前者はE61限定っ…

コロナワクチン接種をしてきた

今回はただの日記。 先日、コロナワクチンの1回目を接種してきた。いわゆる職域接種というやつ。ぼくの会社でもアナウンスされていたものの、奥様の会社のほうが一足早く進行していて、家族も接種可能とのことだったのでお言葉に甘えさせてもらったかたち。 …

クリアで上品な一級品のエチオピア! イルガチェフェ ハルスケ

このあいだネタにした「海の向こうコーヒー」からお試しで購入したなかのひとつ「イルガチェフェ ハルスケ」。 イルガチェフェエリアのなかでもハルスケ村で栽培、収穫されたナチュラルの豆。エチオピアのナチュラルって時点で好きな人にはたまらないはず。 …

約100日ほど熟成させたボトルエイジドコーヒーを焙煎してみた

「早く焼かなきゃ」と思いつつも約3ヶ月強、このエントリーで仕込んだボトルエイジドコーヒーをついに焼く日がやってきた。 だいたい100日ほど経ったかな。 ボトルから豆を出すと、強烈とまでは言わないまでも、それなりに強い香り。“樽フレーバー”を仕込ん…

ホームロースターにピッタリな「海の向こうコーヒー」

いつも買っている生豆、いわゆる一軍の生豆はそれはそれで良いんだけれど、たまに「違うのも飲んでみたい」という欲求が出てくる。ぼくだけかな? そんなときに“どこで買おう?”と、いう悩みが出てくるんだけれど、出会ってしまったのだ。そんなときにとても…

甘みたっぷり&あっさり味。ブラジル ドルチェ チョコラーダ

焙煎機をプチ改造してからというもの、自分なりに「安心する味」をコンスタントに再現できるようになったので、そろそろ新しい豆を試してみることに。 白羽の矢が立ったのは「ブラジル ドルチェ チョコラーダ」。そう、ブラジルの豆。 なにを隠そう、なんだ…

新しいエスプレッソマシンがテレビに化けた話

ああ、もう6月かー早いなー今年なんにもしていないのになぁー、なんて思いつつ、最近の週末は先日ポストしたプチ改造したカルディ焙煎機で焙煎のテストばかりしている。で、ブラジルのショコラばっかり焼いている。 その甲斐もあってか、ようやく自分好みの…

Standart Japan #16到着

このあいだ前号が届いたような……と思っていたら、もうあれから3ヶ月。というわけで「Standart Japan」の16号が到着。 で、前号から気になっていたコーヒーのダイレクトトレードプラットフォーム「TYPICA」が今号で特集されていたので、あらためてサイトを覗…

Kaldi Fortisをプチ改造。ついにお悩み解決か!?

以前ポストしたように、最近、焙煎にどうも満足いかず、Fortisの改造を決意。 その内容はというと、メッシュプレートを取り外しても冷気が入らないようにモディファイすること。まぁ、そんなに難しくないのでサクっとやってみた。 まずは現状把握から。メッ…

ベランダガーデニング2021スタート

昨年のベランダガーデニングで味をしめたので、今年もスタート。 ハーブティーだとかワイルドストロベリーだとか、昨年もいろいろと楽しませてもらったけれど、なかでもぼくを含めて家族に大好評だったのがスイートバジル。 うちではよく自家製ピッツァを焼…

ステイホームなゴールデンウィーク

さあ、ゴールデンウィーク……なわけだけれど、世間的にはコロナ禍。なので基本、どこにも行かない方向(泣)。 とはいえ、せっかくのステイホームなのだから、前からやりたかったことを片付けていこうかなーと。 ひとつは焙煎機関係。 前回「焙煎がキマらない…

焙煎。ふたたび試行錯誤の沼にハマる

ここ最近、焙煎がキマらない。というか、納得いく仕上がりにならない。うーん。 サンプルロースターのように焼けるようになったと思っていたけど、ここのところはちょっと外している気がしていて、再び試行錯誤の沼にハマっている状態。というわけで最近はブ…

自家製バレルエイジドコーヒー、ようやく仕込み完了

昨年末にミニ樽を入手してバレルエイジドコーヒープロジェクトをスタートさせたものの、樽のなかに入れたカルヴァトスの消費に手こずること約4ヶ月、今になってやっと仕込むことができた。 ええ、ようやく。 ぼくは普段、酒を飲まないので、まぁ、減らない減…

新しいエスプレッソマシンが欲しいかもしれない、の巻

Giotto Evoluzioneを使い始めて、今年で10年。じつは密かにエスプレッソマシンの買い換えを思案中。 正直、このマシンに大きな不満はない……けれど小さな不満はずっと前からある。 1:初期ロットゆえにうるさい(これはモーターとボイラー固定用のステーが接…

Pullman 876 Filtration Basketを試してみた

普段はIMSのフィルターバスケット「B702TH24.5M」を愛用しているのだけれど、Pullmanの精密バスケットを使ってみたくなったのでお買い上げ。 IMSのバスケットは、ホールの精密さもさることながら、なにより底がラウンドしていて抽出後のカスがとても捨てやす…

ボトルエイジドコーヒーの第2弾を仕込む

洋酒の空き瓶にコーヒー生豆を入れて熟成させ、それを焙煎して飲んでみたら予想以上に良かったということを先日ポストしたけれど、そんなボトルエイジドコーヒーの第2弾を仕込んでみた。 主役はこのエントリーで仕込んでいた、樽フレーバー。 お酒がたっぷり…

星3つ。カルヴァトスのパウンドケーキ

バレルエイジドコーヒープロジェクトの仕込みの段階にあるウチのミニ樽。 中身はカルヴァトスなのだけれど、度数が強すぎて、うちの奥様でも消費に手を焼いているので、こいつを使ってパウンドケーキを焼いてみた。 参考レシピはクックパッドのコレ。 ただ、…

ライトボディで甘みが強烈! ボリビア レネ&カルメロ農園

Kaldi Fortisでそれなりに満足いく焼き方ができるようになったので、久しぶりに新しい豆を体験。 今回、白羽の矢が立ったのは南米ボリビア! ただ、ボリビアの豆をいざ探してみると、まぁない。流通量が少ないんだろうね。なんとか「生豆本舗」で見つかった…

ボトルエイジドコーヒーを焙煎して飲んでみた

バレルエイジドコーヒーを仕込んだついでに、せっかくだからと、お酒が入っていたボトルにコーヒー豆を入れて寝かすこと約1ヶ月、一足早くボトルエイジドコーヒーができあがった(ちなみにバレルエイジドコーヒーはまだ樽にお酒を染みこませている状態)。 …

Standart Japan #15到着

2021年最初の「Sandart Japan」が、このあいだ到着。第15号。 例によってまだじっくりとは読んでいないけれど、今回はどちらかというと周辺ネタが多いね。 例によって個人的に興味深かったコーナーを挙げると、あのロブスタを掘り下げた「ロブスタの再考」と…

自家製コーヒーリキュール&いちご酒、ついに完成か!?

年明け早々に仕込みをした自家製コーヒーリキュール、そして興味本位でついでに仕込んだいちご酒が、ついに完成したかもしれない。 正直言うと、どうなったら完成なのかよくわからなかったので、ネットで調べて「フタを開けてアルコールのツンとした香りがし…

志賀島方面へコーヒーライド

久しぶりに自転車にでも乗ろうかなと、これまた久しぶりに福岡市の末端である志賀島までサイクリングに行ってきた。 ただ行ってもつまらないので“よし、ここはコーヒーライドだ”と、家でコーヒーを淹れて、それを持参。巷でコーヒーライドというと、出先でコ…

今どき珍しいほどの深煎り! 猿田彦フレンチ / 猿田彦珈琲

バレルエイジドコーヒーと合わせて猿田彦珈琲にて購入した「猿田彦フレンチ」をお試し。 フレンチの名のとおり、この豆は最近では珍しいくらいの深煎り。昔ながらのコーヒー屋のごとく、豆は油でテッカテカ。自分で焼くときもここまで深くはローストしないけ…

バレルエイジドコーヒーをつくってみる その2

自家製バレルエイジドコーヒーへの第一歩を踏み出したnine.ten coffee。 しかし実際にできあがるまでにまだまだ時間を要するので、とりあえずカルヴァトスの空き瓶にもコーヒー豆を詰めてみた、という報告をしたのが前回のお話。 でね、ちょっと考えた。 “バ…

自家製コーヒーリキュールとイチゴ酒をつくるよ

ここのところバレルエイジドコーヒーがらみでお酒のことを調べる機会が増えてきて、ふと思い立ったのがタイトルにもあるコーヒーリキュールの自作。 ぼくはバニラアイスに洋酒や日本酒をかけて食べるのが好きなんだけれど、エスプレッソをかけるアフォガート…

初体験。猿田彦のバレルエイジドコーヒーを試してみた

最近、バレルエイジドコーヒーの記事をアップしたり調べてみたりしてはいるものの、肝心なことがひとつ抜けていた。それは、ぼく自身がまだ飲んだことがないということ(笑)。 なんてこった。 ならば買ってみようとネットで調べてみたところ、有名どころと…

バレルエイジドコーヒーをつくってみる その1

ウイスキーの樽にコーヒー生豆を入れて一定期間おいてお酒の香りをつけ、それを焙煎してつくる“バレルエイジドコーヒー”。 それを個人でつくるなんて考えもしなかったけれど、熟成用のミニ樽が売られていることを知り、ならばやってみようと思い立ってしまっ…