nine.ten coffee weblog

おうちカフェ「nine.ten coffee」のブログです。今のところ単なる趣味です。

ラ・リューシュ&HAND DRIP COFFEE SHOP / 湯布院

f:id:nineten_coffee:20180505201505j:plain

先日、湯布院で立ち寄ったコーヒーショップ(カフェ)の話。 旅行の模様はこちら

 

■カフェテラス ラ・リューシュ

 

湯布院を代表する観光スポット、金鱗湖のほとりにあるのが「カフェテラス ラ・リューシュ」。

 

1Fがカフェスペース、2Fはロシアの画家、マルク・シャガールのリトグラフが展示されているミュージアムになっている。

 

名前からも想像できるようにコーヒー専門店ではなく、どちらかというと軽食をのんびりと楽しむためのお店で、なによりロケーションが最高にいい。ぼくが行った日は、ちょうど晴天だったこともあり、とても気持ちよく過ごすことができた。

 

経験上、そういうお店はコーヒーの味なんて二の次だったりするものだけれど、ここはコーヒーもちゃんとしてる。

 

モーニングプレートセットにつけたコーヒーは、苦味と酸味のバランスが良くて、クリアで飲みやすかった。万人向けの味。きっとシティくらいのローストなのかな。上手に焙煎されたコーヒーなんだと思う。

 

モーニングも美味しくて、晴れた日に朝食やランチをここで楽しむのはとてもオススメ。

 

f:id:nineten_coffee:20180502194201j:plain

↑長細いユニークなマグで提供されるコーヒー。単品で注文すると豆を2種類のブレンドから選ぶことができるみたいだけれど、セットのコーヒーは選べず。写真右のモーニングプレートセットも美味しい。

f:id:nineten_coffee:20180502193747j:plain

↑テラス席からは金鱗湖の景色を間近で楽しむことができる。金鱗湖は小さな湖だけれど、遊歩道も整備されていて、散歩にはもってこい。

 

■HAND DRIP COFFEE SHOP

 

じつは「ラ・リューシュ」のすぐ横に、「HAND DRIP COFFEE SHOP」という名のコーヒーショップがある(ラ・リューシュとは姉妹店とのこと)。

 

小さなお店のなかでは、女性の店主がV60でコーヒーをドリップしていた。そう、その名のとおり、ハンドドリップで淹れるコーヒーがウリのお店。もうひとつ、じつはクロワッサンのお店でもあるのだけど、ぼくが行った日はクロワッサンがお休みという……残念。

 

とてもコンパクトでかわいらしい店内には、小さなカウンターと焙煎豆を陳列する棚があるくらいで、基本はテイクアウトのお店という雰囲気。

 

オーダーしたアイスコーヒーは、最初はスッキリ、あとから心地よい苦味を感じる美味しいコーヒーだった。

 

また今度湯布院を訪れることがあれば、次こそはクロワッサンを食べてみたいなぁ。

 

f:id:nineten_coffee:20180506121426j:plain

↑「ラ・リューシュ」の建物のすぐ横にある。遠くから見ると、それがお店とわからないほどにコンパクトな店構え。

f:id:nineten_coffee:20180502201433j:plain

↑その名のとおり、コーヒーはハンドドリップでていねいに淹れてくれる。看板のクロワッサンマークもかわいらしい。

f:id:nineten_coffee:20180505211500j:plain

↑豆は湯布院の有名店「ボンボヤージュコーヒー」でローストされたものを仕入れいているのだとか。今度はそちらのお店も行ってみたいな。

 

www.chagall-museum.com